割安で新築同様の住まいに需要は堅調

みなさんこんにちは山の頂日和です 今回は放夢新聞の気になる記事から中古住宅の買取り再販事業についてのお話しです

中古住宅買取再販市場調査

中古住宅の買取り再販市場は、不動産会社が中古住宅を購入し、リフォームやリノベーションを行った後に再販するというビジネスモデルを指します。この市場は年々成長を続けており、2022年には前年比5.1%増となる4万1000戸の成約があったと推計されています。

この市場の拡大の背景には、中古住宅への需要の増加があります。特に、新築分譲マンションの価格が高騰し続けている現状において、新築に比べて中古住宅が割安であることが、多くの人々にとって魅力的に映るようになってきました。加えて、買取り再販される物件は全体的にリフォームやリノベーションが行われており、新築同様の状態で入居することができるため、非常に人気が高まっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


お金

次の記事

住宅金利12年ぶり高水準