ココ掘れワンワン

物語は、河川敷の荒れ地で始まります。その土地は葦や雑木が背丈ほどに生い茂り、長年管理されていなかったため、荒廃していました。

売主は手放したいという強い願望を持ち、我々のクライアントがそれを購入しました。最初に行ったのは、重機による雑木の伐採で、ようやく土地の表面が見えるようになりました。しかし、そこには自転車や車のタイヤなど、ゴミの山が現れました。この荒地は、人目につかない場所としてゴミ捨て場として使われていたのです。

このままでは商品化できないと判断し、私たちはスコップを手に地中のごみを探し始めました。次に、耕運機で浅く耕し、さらに深く掘り下げ、小石や缶、ビニールネットなどのゴミを集めました。スタッフ4人が力を合わせ、2日間かけてこの荒れ地を家庭菜園にふさわしい土地に変えることができました。

スタッフは疲れたことでしょうが、ある一人が「私たちのしていることは環境にとって良いことだ」とつぶやいたのです。

投稿者プロフィール

小野 潔子
小野 潔子
■趣味:草むしり(無になれます)、ビール造り(仕込み中が好きです)
■好きな言葉:不撓不屈、日々是好日
■資格:宅地建物取引士、AFP、リノベーションコーディネーター
■売買への思い:
不要になった空家・空地を必要な人に届けて地域の活性化につなげます。
■査定への思い:
安すぎず、高すぎず、市場にあった価格を提案し、売主様・買主様双方に喜んでいただけるような対応をします。
最新の投稿

前の記事

手付倍返し

次の記事

不動産査定の裏側New!!